こんにちは!化学生命工学専攻 修士課程2年の森です。

今回は、8月1日(水)のオープンキャンパスにて開催された「学生だんわ室」の模様をお伝えいたします。

 

「学生だんわ室」は現役工学部生との交流コーナーで、工学部広報アシスタントTtime!のメンバーが主体となって、毎年五月祭やオープンキャンパスで開催しています。

中高生やその保護者の方々とお話できる貴重な機会なので、皆さんの東京大学工学部に関する疑問や、進路に関するお悩みを少しでも解決できればと、私たちも気合を入れて臨んでいます。

 

今年のオープンキャンパスでは、工学部2号館展示室にて、工学部の各学科でどのような講義や研究が行われているかを紹介したパネルの展示を行い、それを見ながら気軽に現役工学部生と話すことができるスペースを作りました。

当日はたくさんの方々がご来場下さり、私自身、中高生の真っ直ぐな知的好奇心や、瑞々しい将来への想いに触れ、非常に充実した時間を過ごすことができました。

また、私たちの発行している工学部広報誌Ttime!の配布も合わせて行いました。

オープンキャンパスは最新号である「Ttime! 2018年夏号」を配布する初の公イベントだったため、丹精込めて作った冊子をたくさんの中高生やその保護者の方々に届けることができ、とても嬉しかったです。

皆さん、最新号はもう手にとって下さったでしょうか?

もしまだだという方は、東京大学本郷キャンパス 工学部11号館1階 T-Lounge

で手に入れることができるので、ぜひご覧ください!

(最新号についてもっと詳しく知りたいという方はこちら

 

炎天下の中、「学生だんわ室」にお越しくださった方々、本当にありがとうございました!

今回来られなかったという方々は、ぜひ次回お越しいただければと思います。

「学生だんわ室」で皆さんをお待ちしております!

 

 

関連記事

オープンキャンパス(工学とは何かⅠ)

オープンキャンパス(工学とは何かⅡ)